あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

一流との出会いが財産!本物に触れよ!

f:id:arasenstyle:20170109110019j:plain

作家 山本周五郎はいう

「『手低』であるのは致し方ないにせよ、私はいつも『眼高』でありたいと願っている」

と。

「眼高手低」とは、志向の高さに比べて実力が低いことをいいます。

 

山本周五郎氏は小学校を卒業するとすぐに、質屋に勤めています。

そこで質屋の主人から徹底的に「本物」を教えられます。

主人は山本に偽物、二流品を見せずに、一流品ばかりを見せて教育します。

すると、山本は鑑識力が上がり、偽物を見抜けるようになったといいます。

 

その経験から、山本氏は「人の鑑定も同じ」だといいます。

境涯の高い人に接していると自分も引き上げられ、

くだらない人と馴染むと品性も下劣になってしまうというのです。

以前、ブログで書いた「ミラーニューロン」にも通じるものがあると思います。

 

私は素晴らしい人物との出会いが財産だと実感しています。

さらに本物の人との出会いを望んでいます。

我が子にも本物の人やものに触れさせたいと思っています。

 

 

arasenstyle.hatenablog.com