あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

SMAPありがとう!〜世界に一つだけの花から「うらやむ心を克服する」ことを学んだ〜

f:id:arasenstyle:20170102103122j:plain

「うらや(羨)む」の語源は、「心病(うらや)む」。

あの人のようになりたいとの思いが高じて、心が病気になることをいいます。

さまざまな事件の背景には、「人をねたましく思う」という、こうした心があることが多いのではないでしょうか。

 

先日解散した

SMAPの代表曲といえば「世界に一つだけの花」。

売上300万枚を超え、国民に愛される

その歌には、「うらやむ」というとらえ方はありません。

 

その曲には、人それぞれには個性・才能が備わっている。そのかけがえのない、世界に一つの個性・才能(花)を咲かせよう、という思いが込められているのです。

 

私はスマスマの最終回を観て涙した1人です。今もSMAPロスに苦しんでいますが、

今日もSMAPが残してくれた曲を聴きながら、

自他共に生き生きと輝く社会を目指してがんばります!

SMAP感動をありがとう!お疲れ様です!