あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

「○○先生、まだ若いのにオヤジ臭すごい!」って言われた教師って1年で何人いるの?

f:id:arasenstyle:20170916102511j:plain

「日本で古い家具で怪我する人って1年で何人くらいいるの?」

という質問にあなたは1時間以内に答えられますか?

ある方法を使うと容易に答えを導き出せるのです。

その方法とは・・・。

 

・日本の人口1.3億人。

・その中で壊れる可能性のある家具を持っているのは約20%→2600万人

・怪我しやすいのは、お年寄りと小さい子供と考えると、人口の約20%→520万人

・そのうち100人に1人が怪我すると仮定すると→5万人

答えは「年間5万人」です!

 

適当すぎる・・・。

そのように思われた人もいるのではないでしょうか。

このように導き出す方法を「フェルミ推定」といいます。

「原子力の父」として知られるノーベル賞物理学者エンリコ・フェルミが名前の由来です。

正確な答えが出しにくい問いでも推定ロジックによって短時間で求める有名な方法です。

 

この「フェルミ推定」を使って、次の問いに答えましょう。

「『○○先生、まだ若いのにオヤジ臭すごい!』って言われた教師って1年で何人くらいいるの?」

 

それでは計算してみましょう!

教職員約100万人

オヤジは男性だから→50万人

「若いのに」だから20代として20%→10万人

若年性加齢臭の割合は5%として→5千人

そのうち100人に1人が言われたとして→50人

答えは「50人」です!

 

まあ、私も20代の頃言われた記憶があります・・・。

さあ、今日も頑張ろう!

おっちゃんの勉強法

f:id:arasenstyle:20170912215611j:plain

読書に目覚めのは、大学院で学び出した40歳の頃です。

新しい知識や情報を知ることに喜びを感じたからです。

気がつけば、毎週3~4冊読むペースです。

いつ読むのかって?

「起きてすぐ」「仕事終了後」「寝る前」・・・。

いつでもどこでもです。

ここ1ヶ月で読んだ本はこの通りです。

f:id:arasenstyle:20170912215643p:plain

f:id:arasenstyle:20170912215658p:plain

f:id:arasenstyle:20170912215714p:plain

「一流の学び方(著:清水久三子 東洋経済新報社)」には、

学びには4つの段階があるとして、

①概念の理解:「知っている」知識

②具体の理解:「やったことがある」経験

③体系の理解:「できる」能力

④本質の理解:「教えられる」見識

とあります。

 

私の読書の学びでいうと「概念の理解」に留まっています。

これから具体→体系→本質へとステップアップしたいと思っています。

 

清水氏は①②はインプット。③④がアウトプット。

インプットの期間を極力短縮化に。

アウトプットの期間にできるだけ時間を費やすとも言っています。

私の次の課題は「アウトプット」です。

アウトプットするためには、読書により学んだことをチャートに落とし込み、何が重要なのかという「本質」を抽出すること。

そして積極的に発信です。

一歩一歩進みます。

 

今日も頑張ろう!

No attack, No chance! 自分から動き出せ!

f:id:arasenstyle:20170902183440j:plain

 佐藤琢磨さんのインタビュー記事を読んで胸が熱くなりました。

「日本を飛び出して 世界で見つけた 僕らが本当に やりたかったこと~海外で成功した日本人20人の働き方~(森 美知典 著)実務教育出版」です。

 

・高校に自転車部がなかったので、担任の先生にかけ合って自転車部ができたこと。さらにインターハイで優勝したエピソード。

・雑誌を見て、「鈴鹿サーキット レーシングスクール」に応募したこと。さらに、スクールの試験前に「とにかく1分でいいから話を聞いて欲しい」と面接を懇願。「大学も自転車もすべて捨てて、これまでできなかった分、スクールで思い切ってやりたいです。チャンスをください」と情熱を語るエピソード。

・40歳を超えた今もインディカー・シリーズのチャンピオンを目指している姿。

等々、読んでいて興奮しました。

 

佐藤さんは、自分から動き出して世界をつくっていく。

自分の足で、見て、触れて、感じている。

運やツキを待つのではなく、自分で取りに行く勇気がある。

 

私もそうでありたいと、また決意させていただきました!

今日も頑張ろう!

 

ブランド力

f:id:arasenstyle:20170829201309j:plain

【ブランド力と業績】

①数量プレミアム効果

ブランド力が強いと、品質が同じであったとしても、競争製品に比べて、選ばれやすくなる。

②価格プレミアム効果

強いブランドは、消費者の価格への受容度を引き上げるため、高い価格を設定することができる。

③リピート効果

ブランド力が強いほど、次回もそのブランドを購入したいというリピート顧客が増える。

④口コミ効果

強いブランドには、口コミによって、顧客が顧客を呼ぶメカニズムが作用する。

これらの要因が相まって、好業績に結びつくのである。

数量プレミアム×価格プレミアム効果×リピート効果×口コミ効果=好業績

 

【強いブランドの4条件】

①明確なコンセプト、明快なイメージ

②完成に訴求する

③独自のポジションがある

④低価格ではない

 

本日、なんてことを学びましたので、報告します。

今、行なっている事業を「ブランド力」あるものに育てたいなぁ、

なんて思っています。

ビジネスは信用こそ命

f:id:arasenstyle:20170826225257j:plain

まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方 ばかは最強の法則(小学館)

を読んで痛快でした。

 

一流大学卒業の新人OLの主人公のユウコが、謎のビジネスマンのホリーさんから指導される場面での言葉。

「ビジネスで一番大切なものは、コネでもカネでもねぇ。信用だ!」

う~ん。

「信用こそ命」

胸に染み入りました。

信用ある人は、いくらでも融資してくれます。

購入するなら信用ある会社の物やサービスを選びますもんね。

 

また、商売で成功する可能性を上げたいなら

「商売の4原則」

・利益率の高いビジネス

・在庫をできるだけ持たない

・毎月の定額収入が得られる

・少ない資本で始められる

を満たす重要性など、学ぶ箇所が多い本です。

やはり漫画は1ページあたりの情報量が多いです。短い時間でより多くの情報が吸収できます。まんがは「最強メディア」と言われるだけのことがあります。

約15分で読み終え、満足いく情報を得ることができました。

 

学校でもまんがを効果的に取り入れたらいいかもです。

 

 

arasenstyle.hatenablog.com

 

くじけない

f:id:arasenstyle:20170804191916j:plain

くじけない人

負けない人

諦めない人

あともう少し頑張る人が成功しています。

 

あの世界的な映画監督スティーヴン・スピルバーグは、演劇学校への入学を3回もたて続けに断られた過去があるそうです。

あの世界的なバスケットボール選手マイケル・ジョーダンも高校のバスケチームから追放されたことがあるといいます。

ウォルト・ディズニーでさえ、「アイデアと想像力が欠如している」と言われ解雇された過去があると聞きました。

 

たとえ困難に直面しても、自分の可能性を信じて努力できるかどうか、

これが勝利の鍵だと信じています。

 

人生の先輩からの一言。

「勝つ方法が1つあるんだよ。それは『勝つまで続けることだ』」

 

今、負けそうになっている自分に鞭打ち、今日も勉強を頑張ります!

「怒らない子育て」で子どもが変わる!

f:id:arasenstyle:20170801202741j:plain

先日、「マンガでよくわかる 子どもが変わる 怒らない子育て 嶋津良智著 フォレスト出版」を拝読。

面白い!と思った内容が、

感情には第1の感情と第2の感情があるというものです。

第1の感情は、不安、悲しみ、ストレス、寂しさ、絶望等。

第2の感情は、この「第1の感情」をもとにして感じるもの。

「怒り」は第2の感情であり、コントロール可能だというのです。

 

この「怒り」の感情をコントロールするには、

「○○すべき」との心の壁を排除することと、

「怒りの記録」をつけることがポイントであるといいます。

 

さらに嶋津氏は、

子供を動かす法則として、主語は「あなた」ではなく、「私」にすべきとも。

例えば、

「おもちゃを棚に戻しなさい」ではなく、「おもちゃを棚に戻してくれると助かるな」

「洗濯物を片付けなさい」ではなく、「洗濯物を片付けてくれると助かるな」

と伝えるのです。

その言葉を積み重ねていくと、次第に素直に行動してくれるようになるのだと。

 

私は0,3,5歳の子育て真っ最中です。

参考に実践してみようと思いました。

 

今日も頑張ろう!