読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

石垣島行くなら「四島めぐり」!

旅行

f:id:arasenstyle:20170315013725j:plain

3泊4日で石垣島旅行にいってきましたが、唯一晴れたのが3日目。

この日は幸運にも「四島めぐり」を予約してました。

コースは西表島→由布島→小浜島→竹富島です。

では各離島の見どころを紹介していきましょう。

 

8:15 ドリーム号で石垣港を出発!

 

【西表島】

8:50 西表島の大原港に到着。

バスで美原へ。

途中、運転手兼ガイドさんがイリオモテヤマネコをはじめとする島固有の生き物を紹介。

そうそう日本最南端の信号も見ることができますよ。

美原でバスを下車。

いよいよ水牛車に乗ります。

f:id:arasenstyle:20170315013935j:plain

風に吹かれながら、のんびりとした時間を満喫。

ガイドさんが三線を弾いてくれ感動。

生涯、忘れられない思い出になりました!

 

 

【由布島】

亜熱帯植物園由布島を見学。

島内にはカラフルな花が咲き、蝶が舞っています。

プロのカメラマンさんが記念に写真を一枚。

希望する方は購入できますよ。

 

【西表島】

見学後、再び水牛車に揺られて美原へ。

続いて、

日本最大級の「仲間川マングローブクルーズ」です。

遊覧船で巡るので快適でした。

f:id:arasenstyle:20170315014631p:plain

塩位が合えば、日本最大のサキシマスオウノキに出会えます。

私は運よく見学できました

f:id:arasenstyle:20170315014652j:plain

マングローブとは海水と淡水が混ざり合う「汽水域」に生える植物の「森」を指します。

仲間川の両サイドに広がるマングローブは圧巻でした。

野鳥にもたくさん出会えました。

クルーズ後、

12:30ドリーム号で大原港を出発

 

【小浜島】

13:05小浜港に到着。

バスで大型リゾートホテル「はいむるぶし」へ。

f:id:arasenstyle:20170315014831j:plain

昼食をいただきました。

内容はそこそこ。そばは美味しかったです。

f:id:arasenstyle:20170315014841j:plain

昼食後、バスで小浜島内観光。

まっすぐに伸びる約1kmの「シュガーロード」から

NHK連毒ドラマ「ちゅらさん」の舞台の「こはぐら荘」を見学。

「ちゅらさんファン」にはたまらないと思います。

f:id:arasenstyle:20170315014922j:plain

そして「はいむるぶしビーチ」へ。

美しいビーチでした。

f:id:arasenstyle:20170315014953j:plain

15:20ドリーム号で小浜港から竹富島へ出発

 

【竹富島】

15:50竹富港に到着。

バスで竹富島観光へ出発!

まずは「カイジ浜」へ。

別名「星砂の浜」。ここでは星や太陽の形をした2mmほどの砂を見つけることができます。

f:id:arasenstyle:20170315015106j:plain

星砂探しの合間に、木陰でひと休み。

スローな島時間が流れていくのが心地いいです。

 

続いて、「赤瓦屋根の集落」を散策

f:id:arasenstyle:20170315015143p:plain

おしゃれな雑貨屋さんや昔ながらの飲食店もあり、

いい感じでした。

島内で最も高い場所の「なごみの塔」から

パノラマビューを堪能できます。

西表島まで見えちゃいます。

 

17:00ドリーム号で竹富港から石垣港へ出発

17:10石垣港到着。

 

石垣島へ初めて来たら

「四島めぐり」は良いと思います。

私は満足でした!天気が晴れていたことも良かったのだと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

「4島めぐり」

Web得料金:大人13500円 小人9500円

(往復乗船代、西表・由布・小浜・竹富島内観光、昼食代)

石垣島ドリーム観光株式会社

営業時間:7:00-19:00

住所:石垣市美崎町1番地 石垣港離島ターミナル内

電話:0980-84-3178