あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

土地を探すルートは、これだ!

f:id:arasenstyle:20161113162851j:plain

今回は、

建設場所を探す方法について紹介

したいと思います。

 

私が情報収集したルートは、

ざっと以下の通りです。

 

①折込広告チラシ

 新聞に折り込まれてくるチラシ。

 エリアの不動産広告としては、新築、中古も含めて最も情報が豊富。

②新聞広告

 新聞の広告欄に掲載されている小さい囲み広告。

 一般の土地、中古住宅だけでなく、裁判所の競売物件も載る。

③住宅情報誌

 新築、中古などの物件情報をまとめた雑誌。

④ポスティングチラシ

 不動産会社が印刷したチラシを郵便受けなどに投入。

⑤不動産会社の店頭広告

 不動産会社の店舗のガラスなどに貼っている物件情報。

⑥インターネット

 不動産会社のホームページや不動産専門サイトなどに掲載されている物件情報。

⑦住宅メーカー

 土地から探している人のために、地元の不動産会社などと連携。

 住宅メーカーが土地情報を紹介してくれることもある。

⑧公的機関(UR等)

 国では国有宅地を定期的に入札しているし、

 公的公社による分譲、自治体による収納物件の処分などもある。

⑨空き地を探しに行く(立て看板)

 空き地に立ててある看板。

「売地:連絡(○○○ー○○○○)まで」等と書いてある。

 

私は最終的にUR都市機構の土地を購入しましたが、

「UR宅地分譲のご案内~戸建てマイホーム用地」

http://www.ur-net.go.jp/takuchi/

妻と二人でバイクに乗りながら、

「この空き地ええなぁ」

なんて会話しながら、

住みたい地域をぶらぶらツーリングしたのは、

良い思い出です。

 

いいなぁって思った空き地に、

看板などが立っていない場合、

隣の家のインターホンを押して、

「この空き地の管理人は知っていますか?」

なんてこともしました。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。

良い土地が見つかるといいですね。