あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

マイホームの建築場所は「キャンピングカー調査法」で決めるべし!

建築場所を決めるための調査を

振り返ってみて、最も大切なことは、

 

「実際にそこに住んでみるべし」です。

 

「いやいや旦那、空き地にテントでも張るんすか?通報されますよ」

 

ですよね・・。

そこで私がやったのは、

「キャンピングカー調査法」です。

 

つまり、購入したい土地の前の道路に、

車を駐車して、車中で生活してみるのです。

 

f:id:arasenstyle:20161109223258j:plain

 

※ちなみに車はダイハツ タントです(笑)

※実際に24時間過ごしてみるのです。

(※気合い入っている人は、

①春夏秋冬、②平日・休日、③晴れ・雨の日ごとに実施してみるのも良し。

私は①②③が気になり、24時間ではなく現地の朝昼晩の様子も調査しました。)

 

「いやいや空き地にテントと同じやん!」

と、ツッコミを入れられそうですが、

 

私は、この「キャンピングカー調査法」で、

「こんな場所に住むんじゃなかった」

という失敗を回避していったのです。

 

キャンピングカー調査で、

次のような発見をしました。

 

雨が降った次の日、側溝を流れる水の音が異様にウルサイ。

車の音がウルサすぎる。(大通りに近い土地だった)

犬の鳴き声がウルサすぎる。

午前中、日が当たらない。

抜け道になっていて、車が引っ切り無しに通る。しかもスピードを出している車が多い。

虫の数がハンパない。

隣の畑の匂いが気になる。

隣のオッチャンが怖そう・・・。

 

どうですか。

昼間にちょっと来ただけでは、

なかなか気がつかないことばかりです。

 

いよいよ土地を購入しようとしているあなた、

「キャンピングカー調査」をしてみてはいかがでしょうか。

 

他の調査法は次回で・・・。