読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

雛祭りの日に思うこと

f:id:arasenstyle:20170301233900j:plain

雛祭りの日に

 

娘よ

いつかおまえの

たったひとつのほほえみが

ひとりの男を

いかすことも

あるだろう

そのほほえみの

やさしさに

父と母は

信ずるすべてをのこすのだ

おのがいのちを

のこすのだ

 

谷川俊太郎の詩です。

「微笑み」は人に生きる力を与えます。

もちろん、私の娘もいつか大切な人に、

この可愛い笑顔で力を与えるのだと思います。

 

しょうもない男を連れてきたら、

ぶっ飛ばそうと思っていますが・・・。

 

長女は5歳になり、

次女はもうすぐ3歳になります。

可愛くてしょうがないです。

 

私の全てを、

この子たちの未来に

捧げたいと思っています。