あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

3年B組金八先生の主題歌「贈る言葉」から教えてもらったこと

f:id:arasenstyle:20161223000307j:plain

TBSテレビドラマ「3年B組金八先生」を知っていますか?

1979年から2011年までの32年間にわたって継続的に制作・放映された、

日本の学園ドラマの金字塔と言われている作品です。

私にとっては、教師になるきっかけになったドラマです。

 

そのドラマの主題歌として使われている

海援隊の「贈る言葉」が私は大好きです。

 

「信じられぬと 嘆くよりも

 人を信じて 傷つくほうがいい・・・」

 

この歌詞を聞いた、中学生時代の私は、

「たとえ傷ついても、人を信じて生きる方が正しい生き方だ・・・」

なんて、ピュアに考えていたことを思い出します。

 

中国に

「人を信じてかかれば、たとえ相手にだまされても、こちらは誠実を貫いたことになる。

 人を疑ってかかれば、たとえ相手が正直であっても、こちらはいつわりの心で人に接したことになる」

(洪自誠著「菜根譚」神子侃・吉田豊共訳)という言葉があります。

 

信義を貫いた人が人間として偉大ということです。

 

ドラマを見ていた頃から三十余年経った今、

私は正しい生き方をしているのでしょうか?

(恥ずかしすぎる状態です・・・)

 

もう一度、若き日に誓った、

信義を貫いた正しい生き方をめざします!

今日もがんばろう!

 

 

arasenstyle.hatenablog.com