あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

縁の下の力持ちになりたい

f:id:arasenstyle:20170227001337j:plain

「縁の下の」とくれば、

次にどんな言葉が続きますか?

 

先日、ラジオを聞いていると、

「縁の下の筍」という慣用句を紹介していました。

 

Goo辞典で「縁の下の」を検索してみると、

次の3つの慣用句が出てきました。

 

縁の下の鍬使い:窮屈で十分動きがとれないことのたとえ。

縁の下の筍:立身出世のできない人のたとえ。

縁の下の力持ち:他人のために陰で苦労、努力をすること、また、そのような人のたとえ。

どれも脚光を浴びない、暗い感じです。

でもその中でも「縁の下の力持ち」だけは、

違うニュアンスがあります。

褒め言葉として使われることが多いのではないでしょうか。

 

私は「縁の下の力持ち」という言葉が大好きです。

というか、小さい頃から、

「人のために陰で努力する人が素晴らしい」

と教育されてきたからだと思います。

 

英語で「縁の下の力持ち」を

unsung hero

と表現するそうです。(するのかな?)

陰のヒーロー。見えないところで支えている人。

という意味でしょう。

 

今日もunsung hero

になれるように頑張ろう。