あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

決断を重ねると精神が疲弊!

f:id:arasenstyle:20170623214415j:plain

決断を重ねると精神が疲弊します。

こんな経験はありませんか?

会議が長時間になってくると、考えるのに疲れてしまい、元気な時なら反論を言う内容なのに流してしまう・・・。

 

そう、決断をたくさん重ねると、精神が疲弊し、考える元気がなってしまうのです。

 

深夜のテレビショッピング。

1日の終わり、肉体的にも精神的にも最も疲れている時間に放映されているのには意味があるのかもしれませんね(笑)

思わず買ってしまいそうになったら、「決断疲れ起こしていないかな」と冷静に考える必要がありそうです。

 

オバマ前大統領は2012年、ヴァニティ・フェア誌のインタビューに次のように答えています。

「私はグレーか青のスーツしか着ないことにしています。出来る限り決断の数を減らそうとしているのです。食べるものとか着るものにいちいち決断のエネルギーを使いたくないのです。なぜなら私には決断しなくてはならないことがたくさんあるからです。決断するためのエネルギーは集中して使わなくてはなりません。そのために日常生活はルーティン化しておくことです。瑣末なことに気を取られてはならないのです。」

 

そういえば、あのスティーブ・ジョブズも同じ服を着ていましたよね。

 

決断疲れが出ないように、日常生活をルーティン化して、決断そのものを減らすのもいいかもしれませんね。