読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

残業ゼロを目指そう!働き方改革は自分改革!

f:id:arasenstyle:20170126224028j:plain

「残業ゼロが実現すればどうなるでしょう」

 

こんなことを考えたことはありますか?

これを真剣に考え実行しようとしている人がいます。

小池百合子氏です。

 

さすが「クールビズ」を実現させた人です。

東京都知事になって、

次から次へと「これまでなかなか実現できなかった」ことに挑戦されています。

 

その一つが

「20時完全退庁」です。

都庁では残業が月平均23.5時間、年間1000時間を超える職員もいたようです。

都庁の中では「まずは22時完全退庁を目指そう」という声があったようです。

しかし、小池氏は「18時完全退庁の実施」を模索したようですが、

今の体制では現実的ではないと、20時とされたそうです。

2016年12月時点で、約9割の職員が20時30分退庁ができるまでになったそうです。

 

素晴らしいですね!

 

小池氏は、残業を減らすカギは「上司の意識改革が必要」と捉え、

職員に「遅くまで居座っている上司をそっと教えてください」と発信されたとか。

※職員が都知事に直接連絡できる「目安箱」があるようです。

 

また、小池氏は「イクボス宣言」も行っています。

イクボスとは「育児する部下をボスが応援する」という意味のようです。

 

さらに、小池氏は「ライフ・ワークバランス」も叫ばれています。

生活の基盤があってこそ、本当に良い仕事ができると。

勤務時間が短くなれば、仕事の優先度は変わります。

それぞれが自分の時間(仕事以外のスキルアップ、趣味や家庭の時間)の使い方を

考え直すことになるというのです。

 

小池氏の動きは注目です。

イクボスになれるよう頑張ります!

 

(「PRESIDENT1・2号(小池百合子の東京ビッグバン)」12月10日発行 プレジデント社)を読んで