あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

苦しむ人を放っておけない

f:id:arasenstyle:20161230114017j:plain

「自分のためだけでは続かない。人のために生きることで自分の中から新しい力が湧いてくる」

眼科医の服部匡志氏の言葉(著書「人間は、人を助けるようにできている」)です。

 

その服部さんの生き方がすごい!

1ヶ月のうち半月をベトナムで過ごし、

8年間でなんと1万人以上を失明から救ったのです。

「活動を続けられた理由」が冒頭の言葉なのです。

 

服部さんのように、

「苦しむ人を放ってはおけない。助けたい。」

そんな気持ちは誰にでもあります。

しかし、

問題は「行動」に移す勇気を持てるかどうかです。

 

「自分以外の誰かのために」行動する年にしていきたいです。