読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

林 修氏の著書「いつやるか?今でしょ!」から考えた 〜デモステネスのように「人が行動を始める話」がしたい!〜

人生に影響を与えたエピソード

f:id:arasenstyle:20170128142646j:plain

林 修氏の著書「いつやるか?今でしょ!」の冒頭で、

「(ローマの)キケロが演説を終わった時、民衆は『なんと雄弁なんだろう!』と感服した。しかし、デモステネスの演説が終わると今度は『さあ、行進しよう!』と。」

というエピソードを紹介しています。

 

そこで考えました。

私はキケロを目指してしまってるのか?

 

私は仕事で人の前で講演する機会がいくつかあるのですが、

これまでの自分を振り返ってみると、

丁寧に分かりやすく伝えることに一生懸命になりすぎ、説明だけになっているのではないかと思いました。

 

私が講演する上で、大切なことは私からのメッセージを伝えることです。

説明に重きをおきすぎると、肝心な部分が弱まっているかも・・・。

 

デモステネスのように、話を聞いてくださった方々が「よし!行動しよう!」と体が動くような話がしたい!と思いました。

 

さあ、今日も頑張ろう。