あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

時代を超えても変わらないものがある

f:id:arasenstyle:20170203140319j:plain

生まれた時から、パソコンや携帯電話等のデジタル機器に囲まれて育った世代を「デジタルネイティブ」と呼ぶそうですね。

日本では1980年前後生まれ以降が該当するといわれています。

彼らは情報収集や友人との連携も、ネットが中心です。

近年、そうした世代と年長世代との、新たな「世代間断絶」が指摘されています。

 

私の子どもたちを見ていても、5歳の娘はYouTubeをサクサク操作できますし、マイク機能を使って検索も可能です。最近、娘が俳優の野村祐希のファンになったようで、Googleで検索して動画を観て喜んでいました!!

友達とインターネットを介して連絡を取り合うのも時間の問題でしょう。

確かに、私の子どもの頃とは違いますね。

 

私は1972年生まれ。惜しくも「デジタルネイティブ」とは言えませんが、

これまで、若者たちに遅れまいと、新しいデジタル機器などを積極的に使ってきました。

twitter、Facebook、Linkedln、755、LINE、Vine、ツイキャス、Instagram等、

私が登録しているアプリですが、同年代で交流できる人がいないものもあるので、全ては使いこなせていません・・・(涙)。

 

物心ついた時からインターネットを介してコミュニケーションを行うのが当たり前の「デジタルネイティブ」。

新しいサービスの利用や柔軟なコミュニケーションスタイルを強みに、今度、よりネット上で存在感を発揮していくのだろうと思います。

 

しかし、意思伝達等の手段は、時代を追って進化していますが、時代を超えても変わらないものがあります。

 

人は、人とつながり、触発し合う中で成長するという事実です。

 

人に対して良識ある振る舞いを貫くことが、何よりも大切です。

このことを絶対に忘れてはならないと思っています。