読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

童謡「ぞうさん」から考えた〜心の中に誇れる「何か」を持て〜

f:id:arasenstyle:20170102115702j:plain

「ぞうさん ぞうさん おはなが ながいのね そうよ かあさんも ながいのよ」

 

昭和27年に発表された有名な童謡「ぞうさん(作詞:まどみちお、作曲:團伊玖磨)」です。

仲むつまじいゾウの母と子と、それを動物園に見に来た人間の母と子の仲良しの歌・・・。

そんなほっこりする印象の曲ですが、実はそうではないらしいのです。

 

作詞家のまどみちおさんがいうには、

「子どものゾウが悪口を言われた歌」なのだそうです!!!

 

「君の鼻、長すぎるよ。他の動物と比べたら変だよ。」

と言われる。

でもゾウは、しょげたり悲しんだり言い返したりしません。

「大好きなお母さんも長いのよ」

朗らかに切り返し、誇りにしている歌だというのです。

 

なんと!

童謡「ぞうさん」には、そんなたくましさが秘められているのです。

 

朗らかなゾウ、いいですね!

周りの目や評判など気にせず、堂々とした振る舞いが素晴らしいです。

ゾウさんは心の中に誇れる「何か」を持っているのでしょう。

 

誇り高きゾウさんを尊敬します。