読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

「お食い初め」息子が豊かな食で元気に成長しますように〜「音羽」で注文!美味しかったですよ〜

f:id:arasenstyle:20170128235759j:plain

先日、息子の「お食い初め」を行いました。

 

【お食い初めとは?】

「お食い初めは出産後、100日目か120日目に行い、

赤ちゃんが一生、食べ物に困らないように願う儀式です。

お食い初めの儀式は古く、平安時代から行われていたそうです。」

 

【お食い初めの祝い方は?】

正式には「養い親」が箸をとり、食べさせる真似をします。

「養い親」とは、祖父母や親戚の中で一番年上の人で、

これは長寿にあやかると言う意味があります。

男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。

 

そこで我が家では、妻のお父さんにお願いしました。

 

鯛等の食べ物を口に持っていき食べさせる真似をし、

箸を小石に触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。

この時、石のように丈夫な歯が生えるようにお願いします。

 

f:id:arasenstyle:20170129000039j:plain

 

本格的な食べ方の順番は

飯→汁→飯→魚→飯

の順に3回食べさせる真似をします。

この場合に、「ひとつぶなめ」といわれるように、

一粒だけでも食べさせるようにします。

 

この一連の流れを動画、写真で記録しました。

将来、息子が喜んでくれることを願って。

【音羽で注文】

今回、「お食い初めセット」を音羽に注文。

値段は3500円。とても美味しかったですよ。

素晴らしい記念になりました。

音羽

 人生の節目をお手伝い | 株式会社 音羽|昭和45年創業の和食・寿司店|大阪・兵庫

元気に育ってほしいです。