あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

セクシュアリティは虹のように様々な輝き

皆さんは「セクシュアリティ」という言葉をご存知ですか。 「セクシュアリティ」とは「性のあり方」のことです。 ①からだの性 ②こころの性 ③好きになる性 の3つの要素で説明することができます。 ※表現する性を入れる場合もあります。 ①からだの性 生物学的…

「一人ひとりが違って当たり前」と思える社会へ

学校では、性的マイノリティへの「いじめ」が深刻です。 今年の3月に「国のいじめ基本方針」が改定されましたが、 その改定箇所に「性的マイノリティに対するいじめ」が追記されています。 世界各国の研究結果によると、 どの学級にも1人~2人の性的マイノ…

性的マイノリティを大切にできる社会へ

LGBTって知っていますか? これはレズビアンやゲイといった性的少数者を表す言葉です。代表的な性的マイノリティの頭文字をとって、 Lesbian(レズビアン) Gay(ゲイ) Bisexual(バイセクシュアル) Transgender(トランスジェンダー) 「LGBT」と言います…

上司のイライラが部署内に感染する理由とは?

あなたの職場には、不機嫌な上司やパワハラ上司はいませんか? もしいれば間違いなく、その上司のイライラは部署内に「感染」していることでしょう。 そして、部下の仕事の能力を低下させていることでしょう。 「スタンフォードで一番人気の授業 世界トップ…

決断を重ねると精神が疲弊!

決断を重ねると精神が疲弊します。 こんな経験はありませんか? 会議が長時間になってくると、考えるのに疲れてしまい、元気な時なら反論を言う内容なのに流してしまう・・・。 そう、決断をたくさん重ねると、精神が疲弊し、考える元気がなってしまうのです…

「マジカルナンバー7±2の法則」を知ってますか?

シンプルisベスト。 人はシンプルなものに惹かれるようです。 その裏付けとなるのが「マジカルナンバー7±2の法則」です。 様々な実験から明らかになのは、 私たちの脳には一時的に物事を記憶する「ワーキングメモリー」がありますが、 そのワーキングメモ…

職場がつらい。そう思っている人はいませんか?

職場がつらい。 そう思っている人はいませんか? 大阪大学客員教授や内閣府での要職を歴任された佐々木常夫氏の著書「40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい」に、次のようにありました。 「人間関係がつらい。そう感じる時は、会社を『自分の家族』だと考えて…

読書はすごい!あのエジソンも猛烈な読書家だった。

発明王エジソンは、学校での教育をほとんど受けていません。 しかし、それをカバーしたのが読書と言います。 生涯、むさぼるように本を読み続けたというエジソンが残した言葉 「何かを発見しようと思ったとき、私は過去になされたきたことを全部読み返すこと…

EV化と自動運転で人は車を所有しなくなるのか⁈

先日、電気自動車(EV)に乗りました。 アクセルを踏み込んだ時の加速力や、エンジン音がしない静けさが魅力的でした。 近い将来、ほとんどの車がEVになると言われています。 米カリフォルニア州は2050年頃までに全ての車をEVか燃料電池車に置き換えることを…

「100-1=ゼロの法則」から考えた「1」じゃない「99」に目を向けろ!

皆さんは「100-1=ゼロの法則」を知っていますか? これは「サービスの方程式」「安全の方程式」と呼ばれるものです。 仕事をしている100人のうち、1人がクレームや事故を起こしてしまうと、これまでに積み上げた成果の全てがゼロになってしまうというもので…

うまくいっている人が朝食前にしていること

「あなたは夜型?朝型?」 って聞かれたら、私は間違いなく前者でした。 社会人になってからというもの、仕事を始め様々な活動の中心は夜に行っていたからです。 しかし、四十代半ばを迎えた近頃、 私の身体は朝型に変わろうとしています。 なんと!自然に朝…

人との出会いは人生を豊かにする

ある人に会いに関東方面に行ってきました。 一人は高校時代の友人。 もう一人は塾の経営者さん。 それぞれに小一時間の対話でしたが、感動のひと時でした、 人材派遣会社の役員をしている高校時代の友人は、 「引きこもりが人材」だと気がつき、 今、家に引…

ベーシックインカムと究極の自動化で人は働かなくなるのか。

今、世界は恐ろしいスピードで進化しています。 2045年。 この年は人工知能技術や通信技術、ナノテクノロジーなどで、爆発的な技術革新が起きると言われています。 今(2017年)から28年後ですので、そんなに多い未来ではないでしょう。 技術革新がもたらす…

固定マインドから成長マインドへ

「固定マインド」と「成長マインド」という言葉を知っていますか? 「固定マインド」とは、知性や才能はほぼ固定的な性質だと捉えていること。つまり、「自分の知性や才能は生まれ持ったもので、ほぼ変えることができない」と強く信じていること。 一方、「…

水道水で水を飲める国って、こんなに少ないの?

宮路秀作氏の著書「経済は地理から学べ!」を読んで、驚いたことがありました。 「国土全体において水道水を安全に飲める国は世界に15カ国しかない」とのことでした! その国は、フィンランド、スウェーデン、アイスランド、アイルランド、ドイツ、オースト…

ハインリッヒの法則から失敗を未然に防げ!

ハインリッヒの法則を知っていますか? 何か1つ大きな事故が起こったら、その陰には同じ原因による小さな事故が29あり、さらにそれらの陰には、事故にならなかったまでも「ひやり」としたことが300あったはず、というものです。 仕事に置き換えてみると、 次…

山中伸弥博士の話から思ったこと

2012年にノーベル賞生理学・医学賞を受賞された山中博士のインタビュー記事に、 「米国に行くまでは、研究者は実験して論文さえ書いていればいい、と考えていました。つまり、結果が良ければ、他人にわかってもらえなくていい、という考えが頭のどこかにある…

社内の課題。主な原因は8つに集約される

こんな話を聞きました。 自分の会社内の改善提案をすることを任された教え子が、 何をどう提案すべきかを信頼する先輩に聞いた際、 次のようにアドバイスされたそうです。 社内の改善提案において、主な原因になりえるのは、次の8つに集約されるそうです。 …

連続100日投稿達成!

目標にしていました 「連続100日投稿」達成しました! 今後は週1回ペースに戻します。 これまでの投稿も、 もう一度編集を加えていきたいと思っています。 さて、 今日からは「いじめストップ」をテーマに、 別のブログで投稿していきます。 今、学校現場で…

生きることは失敗することだ!!柳生氏のインタビューに感銘!

ファーストリテイリング会長兼社長の柳生正氏のインタビュー記事を読みました。 資金繰りに苦労された体験や 「生きることは、失敗すること」という信念で、 チャレンジを繰り返してこられた生き方に強く感銘を受けました。 また、 「時間や体調は、どう管理…

核兵器のない世界へ

「核抑止論」をどう思いますか? 人類を絶滅させる力を持つ核兵器があるから平和が保たれている。という考えです。 まさに片手で握手をして、もう片方は銃口を相手に向けているのです。 これが本当の平和だといえないことは明らかです。 しかし、人類は核抑…

試練を乗り越えて希望の虹をかけよう

「雨」と「弓」は英語で「RAIN」と「BOW」。 つなぐとRAINBOW(虹)。 英語の綴りにもなるほどと感じるものがあります。 虹を見てテンションが上がるのはなぜでしょうか。 やはり雨の後に、パッと光が射す、 暗から明へ変化するタイミングで現れるからだろう…

ジャッキーロビンソンのエピソードに感動

永久欠番とは、名選手を讃えるものです。 米メジャーリーグには全球団が永久欠番とする番号があります。 「42番」。 黒人選手第1号のジャッキー・ロビンソンの番号です。 ジャッキー・ロビンソンが活躍した1940年代は、 それはそれは黒人差別が酷かった時…

あいさつする人を選んでいませんか

こんな話を聞きました。 親が子に挨拶を教えるには、 「親自身が自分の気に入った人には挨拶するけど、気に入らない人には挨拶をしない、といった姿を子供に見せないこと」 が大切だといいます。 確かに、確かに・・・。 気がつかないうちに、相手を選んで挨…

都合のいい言い訳

イソップの童話集に「狐と葡萄」という話があります。 お腹をすかせたキツネが、高い枝になったブドウを見つけて飛びつくのですが、 何回ジャンプしても届きません。 あきらめたキツネは「まだ熟れていない」と言って立ち去って行きます。 キツネはまさに俺…

胸にグッとくるものがなくてはだめだ

ゲーテの劇詩「ファウスト 第一部(池内紀訳 集英社文庫)」に、 次にようにあります。 「気持ちが乗っていなくては、 いくら話し上手でも何にもならないさ、 心がこもっていなくちゃあね、 胸にグッとくるものがなくてはだめだ」 確かに、 人の心を動かすの…

信じるということ

今日、 「俺は何も信じられない・・・」 と言う人に出会ったので、 いろいろ考えてしまいました。 日本のお札一枚の製造費を知っていますか? 約16円なんだそうです。 では、なぜ1万円分の価値があるかといえば、みんながそう「信じている」からです。 貨幣…

ストレスを生まない軽微なリズム運動を!

教育現場では、いじめ、不登校、暴力等々、様々な問題が起こっています。 その問題行動を生み出す子供達に共通すること、それは過度のストレスです。 イライラがマックス。我慢がマックス。 これが共通点です。 ストレス解消法は様々ありますが、 私が紹介し…

脳の疲れには2種類ある

脳の疲れには2種類あると聞きました。 1つは、勉強や仕事等で脳を働かせることによる「知的な疲れ」です。 これは主に大脳の新皮質の疲れのようです。 もう一つは、人間関係などのストレスによる「精神的な疲れ」です。 これは主に大脳の古い皮質の疲れだ…

試験に合格する人、しない人

弁護士であり、伊藤塾塾長の伊藤真さんが、 著書「勉強は『がんばらない』ほど うまくいく」の中で、 次のように述べています。 「試験を受けると『合格する人』と『合格しない人』が出ます。 でも、私は、『合格する人』と『あきらめた人』しかいないと思っ…