読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらせんstyle

生きる上で大切なこと、得すること、くだらないことを紹介します!教育、経済、建築、家具、書籍など、さまざまに発信します。

どうすれば「感じのいい人」になれるの?

コミュニケーション

f:id:arasenstyle:20170308210200j:plain

どうすれば「感じのいい人」になれるのでしょうか?

 

名古屋経営短期大学の西川三恵子氏の

「第一印象に関する意識調査・研究 2003年」によると、

「感じのいい人」の特徴は、

「笑顔」35.3%

「挨拶をする」24.3%

「丁寧に接する」5.1%

の順だったそうです。

 

つまり、「感じのいい」という印象を与えるには、

いつも笑顔で、挨拶をし、丁寧に接することなのです。

 

人の記憶に残るのは、

「ものすごく感じがいい人」

「ものすごく感じが悪い人」

のどちらかです。

 

ここ一番では(ん?どんな時?人さまざまだと思います)

「感じのいい人」になりたいものです。

「笑顔」「挨拶」「丁寧」を心がけてみてはどうでしょうか。

おもてなしをするための3つの見方

コミュニケーション

f:id:arasenstyle:20170308204334j:plain

元キャビンアテンダントの松澤萬紀氏が、

当時の仕事振り返り、

「3つの見方」で、お客様をみて、おもてなしをしていたそうです。

 

その3つとは、

「見る」「観る」「看る」です。

 

①見る

全体の様子をよく見渡す。俯瞰力

 

②観る

お客様一人ひとりを詳しく観察する。観察力

 

③看る

お客様に気を配ってお世話をする。看る力

 

おもてなしのプロの見方です。

 

相手に興味を持ち、相手が何を考え、何を望んでいるかを「察する」ことができれば、目の前の人い小さなサプライズを届けることができるといいます。

 

はじめの一歩は、

「まわりをよく見る」ことから始まるそうです。

 

今日も頑張ろう!

共感・共汗・共歓で友好を拡大

コミュニケーション

f:id:arasenstyle:20170308202241j:plain

良い関係を築くコツの一つに

  • 「3かん」があると聞きました。

 

「3かん」とは、

①共感:思いを共感する

②共汗:一緒に汗を流す

③共歓:一緒に歓び楽しむ

 

他人への「きょうかん」は、

人と人の結び付きを強化するそうです。

 

「3かん」を心がけて、

友好を拡大してみませんか。

準備で全てが決まる

人生に影響を与えたエピソード

f:id:arasenstyle:20170308195622j:plain

「準備で全てが決まる」とよく言われます。

 

確かに、最善の準備ができている時は、何事においても

落ち着いて、

自信を持って、

思い切ってできると実感しています。

 

その背景には、

「これだけ準備したのだから、あとは思い切ってやるだけだ」

 

「これだけ準備したのだから、失敗しても悔いはない」

と、始める前にすでに自分に勝っているのです。

 

松澤萬紀氏の著書に、

無印良品の松井忠三名誉顧問が

仕事において「準備」に力を入れているエピソードを通して、

 

「準備の量」と「結果の質」は比例する

と述べています。

一流の人は、「準備」にこそ、力を入れているといいます。

 

今以上の結果を出したいとするなら、

もう一度、自分の「準備量」を見直すことが大切かもしれません。

冗談には「ネガティブ冗談」と「ポジティブ冗談」があります

コミュニケーション

f:id:arasenstyle:20170308193502j:plain

こんな話を聞いたことがあります。

冗談には「ネガティブな冗談」と「ポジティブな冗談」があると。

「ネガティブな冗談」は、人をネタにして笑いを取ろうとしたり、聞いている人を不快な気持ちにさせる冗談のことです。

「ポジティブな冗談」は、誰も傷つけることなく、まわりの人に明るい話題を提供する冗談のことです。

 

あなたはどっちの冗談をよく言いますか?

あるいは、あなたのまわりの人は、どっちの冗談をよく言っていますか?

 

「ネガティブ冗談」は、時として、相手の解釈によって、ものすごく誤解を与える恐れがあるので、言わないようにしましょうね。

良い先生と悪い先生

何となく思ったこと 教師

f:id:arasenstyle:20170308011235j:plain

私は小学校教師をしていましたので、

よく友達から

「良い先生と悪い先生の違い」

についてよく質問されることがあります。

 

いろんな観点から答えることができますが、

「良い先生=成長する先生」とする観点から言うと、

次のように答えることができます。

問題が勃発した時、

「良い先生は自分を戒め、悪い先生は子どもや保護者を責める」

です。

 

例えば、

生徒の成績がなかなか上がらない。

良い先生は

「自分の教え方に問題があるかもしれない。もっと良い教え方はないだろうか。」

自分に原因を見つけようとします。

一方、悪い先生は、

「子どもに理解力がない。教えた通りにやらないからダメだ」

「保護者が宿題を見てやらないからダメだ」

等々、子どもや保護者に原因を見つけようとするのです。

 

前者の方は、どんどん成長します。

後者の方が楽なようですが、結局は実力がつかないまま。

いつしか子どもや保護者からも見捨てられていきます。

 

問題の原因を「自分の責任」と捉える人は、

「この問題に対して自分は何ができるだろう」と考えようとします。

この思考がクセになっている人は、自分の力で解決する体験をどんどん積んでいきます。

いつしか

「自分が変われば相手が変わる」

「自分が変われば環境が変わる」

ことを実感していくのです。

 

さあ、今日も頑張ろう!

富士のような自分を作りあげろ

人生に影響を与えた言葉

f:id:arasenstyle:20170306235740j:plain

10代の頃に読んだ本で印象的な作品は、

吉川英治の「宮本武蔵」です。

 

武蔵が弟子に語るセリフに

「あれになろう、これに成ろうと焦るより、

富士のように、黙って、自分を動かないものに作りあげろ」

とあります。

 

初めてこれを読んだ時、

「カッコエエーーーこんな男になりたい。」

そんなことを思ったことを覚えています。

 

30年経った今、

富士のように、

動かない自分を作りあげられたでしょうか。

 

昔と比べると、少々のことでは迷わない自分になったようには思いますが、

富士のようなスケールには程遠い感じです。

富士山のことを調べてみると、

富士山は10万年ほど前に誕生した火山なのだそうです。

火山の寿命が50万年~100万年と言いますから、

富士山は小・中学生くらいの子どもの火山なのです。

地下ではマグマがメラメラと燃えたぎっているそうです。

 

富士のような自分を作りあげるには、

奥底のマグマのような燃える心が必要です。

もうすぐ4月。

燃えるような情熱で新年度を迎えたいですね。